~Little Happy~

little0921.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 27日

サンフランシスコ車椅子旅行2016

d0269651_09570601.jpg


おはようございます♪

サンフランシスコ旅行のレポの前に・・・

本日は車椅子での海外旅行について少し詳しく書きたいと思います


海外旅行に行く元気はあるものの、病気を抱えている身・・・

もし万が一病状が悪化したら・・・という不安があるので

海外旅行に行く際はサポートのあるフリープランのツアーに参加しています

ただし、これは健常者向けのツアーですので、車椅子利用者にとっては不便なこともあります


今まで車椅子で海外旅行に行く際に利用したことのある旅行会社は

HISとJALパック


HISは「ユニバーサルツーリズムデスク」という

障害をもった方専用の窓口があるので、話が通じやすいです

ハワイであれば、バリアフリールームの事前予約確認をしてくれるので安心できます

ただし、その他の地域、アメリカ本土やヨーロッパなどに関しては

バリアフリールームの事前予約確認はありません


JALパックは基本、ネット申し込み、あとはメールでのやりとりになります

もちろんわからないことがあれば、電話で問い合わせも可能です

JALパックはバリアフリールームの確約などはありませんが、ツアー申し込みの際

「お伺い書」というものを提出し、自分の体の状況や要望を伝えます

それにそって、出来る範囲でいろいろなことを手配してくれます



私の場合、飛行機は必ず日系を利用したいので

海外に行くとしたらこれからもJALパックを利用すると思います

JALパックは最初からツアーの飛行機がJALなので

航空会社変更による追加料金が発生することがりません
(行き先によってはJALでない場合もあります)

HISはツアーの航空会社はほぼ外資系なので

日系の航空会社に変更すると追加料金が生じます


飛行機は気圧の問題で、貧血を起こしやすかったり

通常より体調をくずしやすかったりします

あとはお手洗いに行く際に、機内用の車椅子を用意してもらうのですが

その際に、車椅子をこの位置に置いてほしいとか細かく伝えなければいけないことがあったり

飛行機の中で体調を崩した時に、意思疎通をきちんとできるようにしたい・・・

という理由から私は必ず日系の航空会社を選んでいます



通常のツアーで参加すると、まず困ることは、ホテル・空港間の送迎


空港・ホテル間の送迎は混載送迎なので大型バス・車高の高い車が多く

介助者のサポートで、または自力で車にのることが出来なければ

ツアー内容に組み込まれている空港・ホテル間の送迎を利用することが出来ません

ただし、オプションでリフト車の手配をしてくれる旅行会社は多いので

別途料金を支払いリフト車の送迎を頼むことはできます


車椅子での海外旅行は大変なこともありますが

アメリカに関していえば、日本よりもバリアフリー設備が整っているので自由に動き回れます

一番初めに車椅子で海外旅行に行こうと決めたときはとても不安でしたが

行ってみると、日本よりも全然行動しやすい!

不安を乗り越え、行動してみるっていろいろな発見もあるし、自信にもつながるし

これからも臆することなくいろいろなことに挑戦していきたいな~と思います♪






人気ブログランキングへ


レシピブログに参加中♪


2つのランキングに参加しています
お手数ですが2つのバナー(天使とレシピブログ) を
クリックしていただけると嬉しいです♪


応援ありがとうございます



[PR]

by little-happy0921 | 2016-05-27 10:11 | 2016サンフランシスコ旅行


<< サンフランシスコ車椅子旅行DA...      サンフランシスコ車椅子旅行~ヒ... >>